一括査定を申し込むと「営業電話」が来るって本当?

はい、本当です。

インターネットの一括査定によっては見積りを申し込んだ後に各会社から電話の営業がひっきりなしにかかってくるサービスもあります。

見積額は知りたいけど、営業はハッキリ言って迷惑ですよね?

でも、同じ査定サービスでも「メールだけ」で済ます事もできるサービスもあるのです。見積もり査定をするとディーラーとの交渉もスムーズなのでぜひこういったサービスを利用して「相場価格」は把握しておきたいところです。

営業電話の来ない一括査定サービスは?

電話なしで見積もりが確認できるサービスが「カーセンサー」の見積りサイトです。ここで申し込む時に備考欄に「メールのみを希望」と書くだけで面倒な「営業電話」を避ける事ができます。ぜひ、知っておきたいですね。

豆知識「二重査定」って何?

二重査定って言葉があるけど、聞いたことある人はいるだろうか。
この二重査定なんだけど、実は中古車の買取で使われている言葉になるんだよね。
良くあるトラブルなんかの話で出てくるんだけど、簡単に書いちゃうと契約後にもう一度行われる査定のことになる。
1回査定してるのに、なんで2回も査定をするんだって思うよね。
でも、これって買取業者からすると、ある意味では仕方のないことなんだ。

中古車の買取をしてもらうなら査定は絶対に受ける必要がある。
なんで査定するのかって言うと、全国的な統一基準で見て、一定の品質の車を中古車業界で使えるようにするためなんだよね。
そこで査定をする人にも専用の資格が必要になってくるんだけど、ハッキリと言えばこの買取査定だけで、ぜんぶをきっちり見るのは不可能な話だ。
実際にエンジンをかけて動かしてみないと分からないことだってあるし、ただ規定のチェックだけですべてが分かるわけではないからね。
なので、だいたいの買取業者では買取をした後の車をもう一度しっかりと検査していると思ってよ。

中古車買取おすすめガイド!一括査定の評判・口コミ情報満載

ここでトラブルになるのが、再査定時に何かしらの不具合が出た場合だね。
例えばだけど、引取後に別の傷が見つかった、事故歴が見つかったなんて話がくることもある。
この場合、大抵の業者は減額を要求してくるんで、じゃあキャンセルしますというとキャンセル料を払ってくださいと言われるパターンだね。
そもそも中古車を買取してもらう時に、瑕疵担保責任という民法上の問題ってのもあるから、事故歴や修復歴、ついた傷なんかについては、しっかりと最初の買取査定で申告しないといけないんだ。
だけど、ちょっとでも高く売ろうと助平心を出して、申告しなかったりすると、二重査定でトラブルになってしまいかねない。
勿論、ちゃんと事前に申告をしていても、後からいちゃもんをつける形で二重査定を利用する悪質な業者も存在する。
反対に、きちんとした取引をして評価の高い業者もあるので、全部の業者がそうというワケではないのも知っておこう。

ちなみにだけど、さっき書いた瑕疵担保責任ってのは、ちゃんと申告していれば法的に問題ないよ。
これが問題になるのは故意に情報をかくしていたってケースのみになるんだ。
なので、自分の身に覚えのないことを言われたら、国民生活センターなんかに相談してみよう。

2016/07/27